まつげエクステの失敗例

きれいな目を持っている女性

まつげエクステ、通称まつエクとは、化学繊維から作られた人工のまつげをグルーと呼ばれる瞬間接着剤を使用し自まつげに装着します。
マスカラやつけまつげだと、メイク時に塗布や装着など多少の手間がかかることに対してまつエクはいったん装着したら個人差はありますが大体3週間程度は付けっ放しOKです。
メイク時の時間短縮になります。
他にも自まつげのようにナチュラルな目元を演出できたり、水や汗に強いのでスポーツをする人に最適なこともあり女性の間で高い支持を得ています。
しかしまつエクによる健康被害や眼球のトラブルが起きているのも事実です。
人工まつげの根元の部分で本来のまつげが折れてしまい、角膜に当たってしまいその結果角膜を傷つけてしまうといった事例も報告されております。
その他にも接着剤によりまぶたが腫れてしまうケースや接着剤が目に入ってしまったなどというトラブルも少なくありません。
角膜にできた傷をそのままにしておくと、感染が起こり最悪視力低下や失明の危険性もあります。
少しでもトラブルを回避する為にまずエクステサロンを選ぶ際には、免許を持っているか必ず確認しましょう。
美容師免許を持つ者が美容所で行わなければなりません。
そしてすでにトラブルが起きてしまっている方。
トラブルにはこんなものがあります。
・洗顔後に目が痛い、赤く充血している。
・目から出血している。
・まぶたの痛みや腫れている。
などなど。
もしかゆみや違和感があっても絶対に目は擦ってはいけません。
少しでもこのような症状が出たら速やかに眼科へ行き医師に「まつエクを付けた」と申し出て検査を受けるようにしてください。
まつエクの危険性をお伝えしましたが、あくまで危険性があるだけで皆が皆こういった症状になるとは限りません。
しかし、まつエクを装着する際にはこういった危険性があることも知っておいてください。

関連記事
人気記事一覧